2/28■M5.6福島沖 震度5弱

平成29年02月28日16時52分 気象庁発表28日16時49分頃地震がありました。
震源地は福島県沖(北緯37.5度、東経141.4度)で、
震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は5.6と推定されます。(気象庁)

最大震度5弱でしたが原発に異常なく怪我の情報もいまのところなかった。
交通にもほとんど影響はなかった。
ここのところ25日から27日までの間に、有感となったM4クラスの地震が13個にも達し
明らかに異常な流れだったのでM5-M6前後までのものは普通に発生しやすい状態だった。

むしろ、これだけの先行する地震があったので
流れとしては分かりやすかったと思う。
また27日からこれといった微動もなくまったくの静穏が2日続いていた。
Hi-netでは28日時点で三陸沖に群発している場所が出ていて、
28日の地震の直前にはミシ、という小さい家鳴りと瞬間揺れが2・3回確認できた。

気になるのは小さい家鳴りと瞬間揺れにはすぎないとしても
岡山で東北沖の動きによってこれだけの家鳴りが出たということで、
M5.6の地震で終わるものではないだろう、という感触。

東北M9地震のあと、あれほど発生が危ぶまれていたM8クラスの地震も
6年経とうという時期になってもいまだ発生していない。
ときには静かすぎる状況もある、その一方で
昨年のNZ地震以降の世界的な地震が軒並みM7前後からM7.7に達するレベルで
頻発してきた経緯がある。

今朝もまだ微動はなく静穏が続いている。経過に注意。